増加傾向

杉の木の花粉が飛散する時節に、小児が体温はいつもと変わらないのに頻繁にクシャミしたりずっと鼻水が出続ける症状なら、もしかしたら杉花粉症の恐れがあるでしょう。
「肝機能の衰退」は、血液検査項目のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-GTP(ガンマGTP)など3つの値で確認できますが、ここ最近では肝臓の機能が悪化している人の数が明らかに増加傾向にあるとされています。
塩分や脂肪分の摂取過多をやめて自分に合う運動に励むだけでなく、ストレスを蓄積しすぎない暮らしを続けることが狭心症を引き起こす動脈硬化を未然に防ぐコツだといえます。
ビタミンB1不足が原因の脚気の症状は、手や脚がしびれたり下肢の浮腫みなどが目立ち、病状が進行すると、最悪の事態では呼吸困難に至る心不全を誘発する可能性があります。
ストレスが蓄積していく理屈や、手軽なストレス対処法など、ストレス関係の基本的な知識を勉強している人は、まだまだ少ないようです。
アメリカやヨーロッパ諸国では、新薬の特許が切れてから30日後には、製薬市場の8割がジェネリック医薬品(Generic drug)に変更されるというクスリもあるほど、ジェネリック医薬品(Generic drug、後発医薬品)は地球上に採用されています。
子供の耳管の作りは、大人のそれに比べて幅が広く短めの形で、加えてほぼ水平になっているため、黴菌が進入しやすくなっています。大人より子供の方が急性中耳炎に罹りやすいのは、この構造が関わっています。
2005年(H17)年2月以後特定保健用食品のパッケージに「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意を促す一文の表示が各メーカーに義務付けられている。
消化器科の領域である急性腸炎は、大半が腹痛・吐き気・嘔吐・下痢に見舞われる程度ですが細菌感染による腸炎の場合は凄まじい腹痛・ずっと続く吐き気・繰り返す嘔吐・下痢の他に38度台の高い発熱が見分けるポイントです。
「時間がない」「面倒な様々な人間関係がすごく嫌だ」「先端テクノロジーや情報のめざましい高度化に付いていくのが大変だ」など、ストレスを受けやすい主因は人によって違うようです。
ロックのライブの開催される会場やディスコなどに備えられたすごく大きなスピーカーのすぐ横で爆音を浴び続けて耳が聞こえづらくなることを「急性音響外傷(きゅうせいおんきょうがいしょう)」と呼ぶことをご存知でしょうか?
生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓に存在している血糖値を下げるインスリンを分泌するβ細胞が損傷を受けてしまったことにより、結果的に膵臓からインスリンがほぼ分泌されなくなることによって発病する種類の糖尿病なのです。
ピリドキサミンは、色々なアミノ酸(Amino acid)をクレブス回路と呼ばれるエネルギーの代謝に欠かせない回路へ入れるために再び化学分解するのを支える機能もあるのです。
UV-B波は、UV-A波と比較すると波長が短いので大気中にあるオゾン層でその一部分が吸収されるものの、地表まで達したUV-B波は皮ふの表皮内で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、遺伝情報)を破損させたりして、肌に良くない影響を与えています。
吐血と喀血、2つとも口腔から血を吐くことですが、喀血は咽頭から肺へと至る気道(きどう、呼吸器の一つ)から血が出ることであり、吐血は十二指腸よりも上にある食道などの消化管から出血する病状を示しているのです。