真っ赤な発疹

ヒトの耳の構造は、耳殻側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3か所に分類することができますが、この中耳の辺りに黴菌やウィルスなどがくっ付いて炎症が誘発されたり、液体が滞留する病気を中耳炎と言います。
筋緊張性頭痛は仕事や勉強などでの肩こり、首のこり、張りが誘因の最も一般的な慢性頭痛で、「ギュッと締め付けられるような強い痛み」「頭が重いような酷い痛さ」と表現されています。
環状紅斑というものは輪状、要はまるい形状をした真っ赤な発疹・湿疹や鱗屑など、皮ふ病の総合的な名前ですが、その病因は実に様々だといえます。
汗疱というのは手のひらや足裏、指と指の間などにブツブツの水疱が現れる症状で、一般にはあせもと呼び、足裏に出ると水虫と間違われることがよくあるようです。
杉の花粉が飛散する1月〜4月の間に、小さなお子さんが発熱はみられないのに頻繁にクシャミしたりサラサラした鼻みずが止んでくれない症状だったなら、もしかすると『スギ花粉症』の恐れがあるでしょう。
毎年流行する型の異なる季節性インフルエンザワクチンでは、今日までの研究の成果によって、予防効果を望めるのは、ワクチン接種日の約2週後から150日位と考えられているようです。
開放骨折によりひどく出血してしまった際は、急に低血圧となって目の前が暗くなるようなめまいや体が急速に冷えるように感じる冷や汗、吐き気、座っていても起こる意識消失などの不快な脳貧血の症状が出てくることもよくあります。
真正細菌の一種である結核菌は、患者さんが「咳」をすることによって室内や外気に放たれ、空気中にふわふわ動いているのを別の誰かが呼吸の際に吸い込むことによって感染していくのです。
アルコールをクラッキングする作用のあるナイアシンは、苦しい二日酔いによく効きます。不快な二日酔いの素因とみられるエチルアルデヒ(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という物質の分解に力を発揮しているのです。
HIV、すなわちヒト免疫不全ウイルスを含んでいる精液、血液を始め、腟分泌液や母乳といった類の体液が、看病する人や交渉相手などの粘膜や傷口に触れた場合、感染する危険性が高くなります。
ピリドキシンには、アミノ酸(Amino acid)をトリカルボン酸回路と呼ばれているエネルギーの代謝に欠かせない回路へいれるため、よりクラッキングさせるのを促す働きもあると言われています。
耳鳴りは分類することができて、当事者しか聞こえないことを特徴とする「自覚的耳鳴り」と、血流のように当事者と他の人にも精度の高いマイクロホンを利用してみると感じることのできるという特徴を持った「他覚的耳鳴り」とがあり、治療法が異なります。
ポリフェノールで最も有名な特性は水溶性のビタミンCやV.E.(ビタミンE)などとは性質が異なり、細胞間の水溶性部分や脂溶性の部分、細胞膜でも酸化しにくくする効果があるのです。
トコトリエノールの働きとしては酸化を遅らせる効果がもっとも認識されてはいますが、更に肌を美しくする効果や、血清コレステロールの生産を抑制したりすることが知られています。
世界保健機関(World Health Organization)は、有害なUV-Aの無理な浴び過ぎは皮ふの病気をもたらすとして、18歳以下の若い人がファッション感覚で日サロを利用することの禁止を広く世界中に勧告中です。